【lv3】経済学質問スレッド【ログ移行】 [ 全レス最新50最新100トップページ ]

615 名前: 銅鑼衣紋 [2006/01/07(土) 16:39:38] ID:??? [TB]

>>613

商品空間(ここでは平面)上の任意の点を取り、そこから右上方を考え
てみな。ここでは、少なくとも一方の財は減らず他方は増える。あるいは
両方増える。財がバッズ(あると効用が減る)でないかぎり、この右上の
領域では、かならず最初の点より効用は大きい。

で、予算線の内側の任意の点は、必ず右上方に予算線がある。つまり、
予算線上に移動することで必ず効用を大きくすることが可能になる。

ということで、効用関数を特定化しなくても(無差別曲線を描かなく
ても)予算線上の点が選択されることになる。

613 名前: 名無しさん [2006/01/07(土) 15:13:24] ID:???

まんがDE入門経済学(http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4535551812/qid=1136613556/sr=1-9/ref=sr_1_10_9/249-9477911-1713934
について質問があります。

49ページの顕示選好理論の図1についてですが、 予算制約(l0=p1x1+p2x2)の中に収まる
4点(A1, A0, B, C)があるのですが、「このとき消費者は、同じ支出額と同じ価格の下で
購入できる他の点、すなわち図1の影をつけた三角形の他の点、たとえばA1, B, CよりもA0
を好むと考えることが出来ます。」

この文章の意味が解りません。 どういう理由で「A1, B, CよりもA0を好む」と言い切れるのでしょうか?
この図1からはどの点が一番効用が高いのかわかりません。 どうやってこの図1を読めばいいのでしょうか? 

このスレッドに投稿することはできません。


【lv3】経済学質問スレッド【ログ移行】 [ 全レス最新50最新100トップページ ]