【lv3】経済学質問スレッド【ログ移行】 [ 全レス最新50最新100トップページ ]

569 名前: 名無しさん [2005/12/02(金) 10:39:43] ID:??? [TB]

>>564 >>565
> 米から日に支払われたのがドル現金でなく日本円だったとしてもやはり話は
> 同じです。米が持っていた日本に対する債権が減り、日本の対外債務も同額
> 減った。この言い方を変えると日本の対外債権が増えたことになります。
(対米を対外に変更しました。)

> (貸)輸出(貿易収支)1万円 /(借)現預金(投資収支)1万円
この例で、どのように債権が生じているのでしょうか?
極端な話、年間の国際収支がこれだけだったとしても、会計上の
つじつまは(当たり前ですが)問題なく合うわけですが、債務関係は
生じないのではないでしょうか。

これが、輸出で得たドルを米国債に変えたような場合、
(貸)輸出(貿易収支)1万円/(借)ドル(投資収支)1万円
(貸)ドル(投資収支)1万円 /(借)米国債(投資収支)1万円
なら、cloudyさんのおっしゃることも分かるのですが。

質問を変えたほうがよいのかもしれません。
「資本収支が赤字なら『資金が流出する』あるいは『対外債権が増える』」
というのは、会計原則のように、帳簿の一行ごとに成り立つ恒等式の関係でしょうか?
それとも、
「輸出で得た外貨は、『たいていの場合は』外貨建て証券として保有される
ことになるので、『ほとんどは』対外債権となり、その対価として
外国にはキャッシュが増える『ことが多い』」
ということでしょうか?

564 名前: cloudy ◆zDdVtKDoo6 [2005/12/02(金) 01:21:04] ID:???

>>562
日本がアメリカに車を輸出して代金1万ドルが何か証券の形で日本に渡され
たとします。
米から日本に証券が移動したということは、米が日本に借りを作ったという
ことです。貸したのは日本ですから日本にとっては資本の流出で、借りた米に
とっては資本の流入です。

この証券が債券だとすれば、上の説明には違和感はないと思います。
しかし、その証券がドルの現金だと562さんのような誤解をしてしまいがちです。
でも、ドル紙幣って結局FRBの発行した無利子債券に過ぎないわけです。そして
その債権を行使すること=ドルを使ってアメリカから何かを買うことであり、
それをするまではアメリカに「貸し」がある状態のままなのです。

米から日に支払われたのがドル現金でなく日本円だったとしてもやはり話は
同じです。米が持っていた日本に対する債権が減り、日本の対米債務も同額
減った。この言い方を変えると日本の対米債権が増えたことになります。
565 名前: cloudy ◆zDdVtKDoo6 [2005/12/02(金) 01:34:01] ID:???

>>564
上の説明の、対米債権・対米債務は不適切なので対外債権・対外債務
に変えてください。証券の振り出し元はどこでも関係なく、誰から誰に移動
したかということだけが問題です。
562 名前: 名無しさん [2005/12/01(木) 18:24:57] ID:???

国際収支についておたずねします。

国際収支統計が複式計上であり(誤差脱漏を除いて)
経常収支 + 広義資本収支 = 0
が成り立つことは知っております。

わからないのは、資本収支赤字の日本がなぜ「資本が流出している」
と言われ、黒字の米国がなぜ「資本が流入している」という言い方が
されるのか、です。
経常収支 = モノ・サービスの流出 − 流入
資本収支 = 金融資産の流出 − 流入
なので、資本収支赤字なら「流入超」ではないのでしょうか?

具体的に言うと、輸出で代金を受け取った際の国際収支は、
(貸)輸出(貿易収支)1万円 /(借)現預金(投資収支)1万円
のようになると思いますが、これで貿易収支は1万円の黒字、
資本収支は1万円の赤字ですよね。
で、これは私には「資本が日本に流入した」ように見えるのですが?

このスレッドに投稿することはできません。


【lv3】経済学質問スレッド【ログ移行】 [ 全レス最新50最新100トップページ ]