【lv3】経済学質問スレッド【ログ移行】 [ 全レス最新50最新100トップページ ]

390 名前: 374 [2005/09/15(木) 22:44:25] ID:??? [TB]

>>377
 ありがとうございます。
私も岩田キクオ先生の「日本経済を学ぶ」を読んだのですが、そこの公的年金の記載の中で厚生年金保険料を
あげると企業に負担と書いてあったので、勘違いしていたようです。岩田先生が間違えてたんですね。

 単純に労働者全負担であるならば、納めた保険料の何倍を老後の年金として受け取れるかを示す倍率は2.3
の半分の1.15倍になりますね。
 しかし、この場合厚生年金に入ろうとする労働者のインセンティブが取れにくいと思います。その場合、
長期的にこの年金制度を維持することは難しいと思います。民主主義なので、国民の意向により制度が変更
されることがあるからです。

377 名前: すりらんか [2005/09/14(水) 20:27:30] ID:???

>厚労省の計算はまやかしで、実際は自分の払った保険料ももらえ
>ないことになりませんか?
その通りでしょう.

それ以下の計算の方法は結構有名な計算違いでして……
50%減って50%増えても元に戻らないってたぐいの話です.

>これが15%になった場合、1069万円の15%で
>160万円取られ900万円になりますが

が間違い.1069万円に0.15を掛ける計算は意味がありません.

企業はその労働者を雇うことで給与+雇用主負担掛金の支払が生じます.
その労働者の企業収入への貢献>負担ならば雇うわけだから,もし年金
保険システムがなければ企業の支払総額全部をその労働者がもらえるは
ず.だから

>経済学的にこの負担は労働者が全て支払った場合と同じ

なんです.そうすると保険料率が上がると企業の支払総額があがってん
じゃねーか?って思うかもしれない.これは労働市場が完全競争均衡に
ないことから生じる話です.

このスレッドに投稿することはできません。


【lv3】経済学質問スレッド【ログ移行】 [ 全レス最新50最新100トップページ ]