「経済成長はもういらないんじゃないか」論を検討する [ 全レストップページ ]

12 名前: 名無しさん [2007/05/07(月) 18:28:54] ID:48 [TB]

経済の指標である国民総生産は消費の数値ではあれ、富の数値ではない。経済の「富」とは、
消費権ではなく、利用権である。お金がないと、その利用もできないと考えるのは、経済学的
欠陥である。
なぜなら、ある製品を「所有」していなくとも、「利用」できるからである。たとえば、互助
協力による共用だとか(アパートの洗濯機など)、車リースだとか。こうした観念はすべて
「製品」をもとにしているが、その指標は「利用率」である。
「利用率」を高めることによって、経済の機能は高まるが、消費は収まる。経済学の人間的性質
(機能が原理である)を見逃した欠点だとも言えよう。環境学的にも、この「富」=「利用」の
考え方は莫大な負荷低減をもたらす。もし学問的に何かしら主張するなら、全学問とはいわず
もがな、何かしらの人間機能的共通点に立脚するべきである。


「経済成長はもういらないんじゃないか」論を検討する [ 全レストップページ ]