◆経済・経済学単発質問はこちら◆ [ 全レス最新50最新100トップページ ]

93 名前: 名無しさん [2006/12/07(木) 02:31:56] ID:S [TB]

質問です。
経常収支の黒字が資本収支の赤字になることは理解した
(貿易黒字の代金をドルで受け取ったとすると、そのドルは
借用証書に他ならないわけだから、これは資金を貸し付けたのと同じことになる)
のですが、
その逆がわかりません。

発展途上国A国に、投資を行ったとする。(政府は捨象します)
これはA国から見れば、資本の流入ですから、資本収支の黒字となる。
会計的な観点からは、この裏側で貿易収支の赤字が発生するはずです。
しかし、その具体的な状況が思い浮かびません。

日本人の投資家がA国に投資をした後、A国の企業はそのお金を使って
実物投資をすると考えられます。工場を建てたり、機械や原材料を購入したりするでしょう。

この原材料を日本に限らず、外国から購入すれば、A国は貿易赤字になるでしょう。

しかし、このA国の企業は、国内で様々な物資を調達することもできるはずです。

つまり、A国が投資を受けたとしても(資本収支の黒字があったとしても)
それがかならずしもA国の貿易赤字を伴うとは限らないのではないか、
というふうに思えるのです。

しかし、会計上の観点からは、どこかに間違いがあるはずです。
間違いを指摘していただけますでしょうか?
(長々とすみませんでした)


◆経済・経済学単発質問はこちら◆ [ 全レス最新50最新100トップページ ]