◆経済・経済学単発質問はこちら◆ [ 全レス最新50最新100トップページ ]

219 名前: 名無しさん [2008/04/29(火) 02:19:50] ID:a [TB]

銀行Bの企業への貸出2億円の合計2億2000万円になり、

一方、負債は銀行Bの家計Aに対する2000万円と、
企業の銀行Bに対する借入2億円の合計2億2000万円となります。

(ここまでの議論で、
(1)もともとストックだった家計Aの資産に
信用乗数の議論を適用していいのだろうか?

(2)リンク先の文章に限らず、一般的に金融資産が増えた
というときに、そもそも、銀行部門の資産はどういう扱いを
受けているのだろう?
銀行の貸出は、いわゆる金融資産に含まれるのだろうか?

という疑問が湧きましたが、話を続けますm(_ _)m)

このとき、貸出先の企業が業績悪化により、借金を返済できなく
なったとします。
すると膨大に膨れ上がった負債がすべて返済不能になり、
銀行Bは倒産→家計Aも銀行預金を回収できなくなる、という
事態が生じます。

そもそも、家計の金融資産は2000万円しかなかったはずなのに、
(今回の質問の想定では)2億2000万円もの負債が生じ、しかも
これが返済できないという状況が生じてしまいました。

この想定は、リンク先の内容(現在の経済世界は大きな負債リスク
を抱えているのだ!)を肯定するものなのでしょうか?

それとも、僕の議論の途中に間違いが(複数!)あって、
荒唐無稽な結論に至ってしまったのでしょうか?

非常に長々しく書いてしまいましたが、ご教授いただけると
幸いです。よろしくお願いいたします。


◆経済・経済学単発質問はこちら◆ [ 全レス最新50最新100トップページ ]