◆経済・経済学単発質問はこちら◆ [ 全レス最新50最新100トップページ ]

117 名前: 名無しさん [2007/02/14(水) 21:19:35] ID:a [TB]

山形さんのブログの生産性と賃金の関係についてのお話は、
とてもわかりやすく面白かったのですが、わからなかった点が
一点あります。

(日本の賃金(所得)の絶対水準が高いのは、日本の製造業の生産性が
諸外国(中国、カンボジアなど)に比べてずば抜けて高いから、
というのは納得しました。)

わからないのは、製造業の生産性が、日本の高賃金を支えているのに、
金融業などのサービス業のほうが製造業に比べて高賃金なのは
なぜなのでしょうか?

(山形さんのブログの中では、以下のように「解答」が示されてはいるのですが…

「国全体の所得水準は、国全体の平均的な生産性で決まってくるんだ。それが○○くんの言うとおり絶対価格の水準を決めて、その中で各種の労働や財の市場における相対的な需給バランスに基づいて相対価格が決まる」)

金融業のほうが給料がいいとなったら、
製造業の高生産性を支えている優秀な人材は、
金融業に流れていってしまうのではないでしょうか?


◆経済・経済学単発質問はこちら◆ [ 全レス最新50最新100トップページ ]