◆経済・経済学単発質問はこちら◆ [ 全レス最新50最新100トップページ ]

114 名前: Economania [2007/01/25(木) 21:18:31] ID:a [TB]

>>112
岩田規久男先生の「間違いだらけの経済常識」に書いてあった答えですが、

石油に対する需要の価格弾力性が、少なくとも短期では、非常に小さいことが、石油の価格の変動が激しいことの原因です。

つまり、需要曲線が非常に切り立っているので、中東での紛争であるとか、
OPECによる産出量変動など、負の供給ショックがあり、
供給曲線が左にシフトすると、価格が急激に上昇する、というわけです。

「埋蔵量が決まっていて、将来的には枯渇するのでは…」
という予想が、石油の価格決定にどう利いてくるのか、
という問題についてはわかりません。
別の方の回答を待ってください。

112 名前: 名無しさん [2007/01/25(木) 12:25:46] ID:2t

石油の量は埋蔵量が決まっているのになんで値段がこんなに変動しやすいのですか?需要と供給の関係が成り立ってないのですか?

◆経済・経済学単発質問はこちら◆ [ 全レス最新50最新100トップページ ]